【詐欺認定済み】FXSuitの3すくみトレード実践記【収益全公開】1ヶ月目

棒人間_はてな_青背景
あなた
FXSuitの月利10%の3すくみトレードって実在するの?
本当にそれで稼いでいる人いるの?Twitter界隈では「怪しいステマ」みたいなのが多いけど。。。。

このような疑問に答えます。

本記事について

最初に、本記事の内容をまとめると下記のような話です。

  • 著者はFXSuitが詐欺業者な前提でトレードしてる話
  • 1ヶ月目は確かに稼げているという話
  • それでもFXSuitはおすすめしない話

本記事をお読みいただくと「3すくみトレードが本当に稼げるのか」「FXSuitは安全な業者なのか」がおわかりいただけます。

FXSuitの3すくみトレードを始めた理由

始めに、僕がFXSuitの3すくみトレードを始めた理由は「実験」です。

詐欺業者でなくて本当に月利10%での稼ぎを続けてくれるなら、嬉しい。
仮に詐欺業者であったとしても、このブログでのネタになるから、嬉しい。

つまりどっちに転んでも「オイシイ」のです。

皆様には僕の体をはった実験を楽しんでいただければ幸いです。
あ、心配しないでください。FXSuitの宣伝もアフィリエイトも一切しませんよ。

さて、前置きはここまで。

まずは簡単に「3すくみトレード」の仕組みを解説します。

FXSuitの3すくみトレードの仕組み

概要レベルで、FXを知らない方にもわかるように説明します。

まずはFXで利益が出る2通りの仕組みを理解しましょう。

  1. 為替変動
  2. 金利差によるスワップポイント

では、この二つはどのようなものでしょうか。

①為替変動による利益の出し方

ある通貨を買い、その通貨の価値が「買った時より上昇したとき」に売ることで利益を出します。

分かりやすくいうと、Amazonで100円で買ったDVDが1年後に値上がりしたので、1000円で売るようなものです。この場合の「DVD」「通貨」に変わるだけです。

つまり1ドルを100円で買った後に、1ドルが105円で売れれば、5円の利益になりますよね?

FXでは、さらに「レバレッジ」をかけることでこの利益を増やすことができます。
上記の場合、レバレッジ1000倍であれば、利益は5円じゃなくて5000円になりますよね。

逆に言えば簡単に5000円を失ってしまう可能性もあるわけです。

これがFX取引で最もメジャーな、為替変動による利益の出し方です。

②金利差によるスワップポイント

身構えないでいいですよ。そんな難しい話ではないです。

これも非常に単純。

「異なる通貨間の金利差」を利用して利益を出します。

まだ、分かりづらいですね。
例を出して説明します。

例①

例えば、日本円で銀行にお金を預けると金利が1%だとします。一方、アメリカでは金利が50%だとします。この場合、同じ100円でも、日本に預けるか、米ドルにしてアメリカに預けるかで大きく差が出ますよね。

日本に預けた場合:100円→(1年後)101円
アメリカに預けた場合:1ドル(=100円)→(1年後)1.5ドル(=150円
※1ドル=100円から変動しないものとする差額の49円が利益になる

この「49円」の差がスワップポイントとして、利益になります

だから「低金利の日本円で高金利の米ドルを買う」ことで、米ドルを持っているだけで金利差による利益を得ることができます。

これが金利差によるスワップポイントを利用した利益の出し方です。

そしてFXSuitの3すくみトレードではこの方法を用いて利益を出します

スワップポイントで利益を狙う際の問題点

気付いた方、いますか?

スワップポイントによる利益の出し方には大きな問題点があります。

それは「為替変動」の影響をもろに受けることです。

どういうことか。上で紹介した例①を用いて説明します。

まず、スワップポイントで利益を出す構造は、このようなパターンでした。

例①

日本に預けた場合:100円→(1年後)101円
アメリカに預けた場合:1ドル(=100円)→(1年後)1.5ドル(=150円
※1ドル=100円から変動しないものとする

差額の49円が利益になる

もうお分かりの方も多いでしょうね。
例①の場合、「1年後」も1ドル=100円の前提で計算していますが、もし「1年後」に1ドル=50円になると、スワップポイントでの利益は出ません。それどころかマイナスになります。

結果、以下の例②のようになります。

例②日本に預けた場合:100円→(1年後)101円
アメリカに預けた場合:1ドル(=100円)→(1年後)1.5ドル(=75円

差額の26円が損失になる

このように為替変動によって、通貨の価値が暴落すると利益が出ないのがスワップポイントの弱点です。

FXSuitの3すくみトレードでは、この問題を解決し「為替変動の影響を受けずに月利10%のスワップポイントを受け取り可能」と謳っています。

では、具体的にどのような仕組みで、この為替変動の問題を解決しているのでしょうか。

3すくみトレードはスワップポイントを利用する

さて、ようやく本格的に3すくみトレードの話に入ります。

前章で述べたとおり、3すくみトレードの利益の出し方は「金利差によるスワップポイント」を利用したものです。

では、どうやってスワップポイントの弱点である「為替変動による損失」を克服したのか。

その答えは「3通りのトレードを同時に行うことで、利益と損失を相殺し、スワップポイントのみを得る」という方法です。

そのトリックは何か。実は単純明快、これは下記のような方法を利用したものです。

・米ドルの価値が下がったら5000円の利益を得るトレード
・米ドルの価値が下がったら5000円の損失を得るトレード

上記2つのトレードを同時に行うことで、為替変動による損失と利益を相殺し、スワップポイントの利益のみを得ます。

3すくみトレードはこの仕組みをさらに発展させ、下記の方法をとっています。

・USD/JPY 売り (ドルを売って日本円を買う)
・EUR/USD 売り (ユーロを売ってドルを買う)
・EUR/JPY 買い (ユーロを買って日本円を売る)

上記3つのトレードを同時に行うことで、損失と利益を相殺しながら、スワップポイントによる利益を得ることのできるシロモノ(らしい)のです。

そして、この方法で利益が出るのは「FXSuitにしかできない」仕組みになっています。
というのも、FX業者は各社でスワップポイントが異なるからで、「これで利益が出る設定にしているFX業者はFXSuitだけ!」というフレコミ。

大雑把にはこのようなものです。

一言いいですか?

怪しすぎます!!

なんですか「FXSuitだけ」って。。。なんですか「月利10%」って。。。
会社が破産しませんか?そんなのトレーダー全員が稼いじゃいますよ。

そしてFXSuitのことをよく調べると、このような疑問にも答えが出るのです。

FXSuitについての調査結果

調査結果、目に止まったのは下記の6項目です。

①トレーダーが注文を入れてから半年以内に出金する場合、出金手数料が30%必要
②海外FX業者のクチコミサイト「Forex Peace Army」で詐欺業者認定されている
③運営会社が、有名な詐欺業者「IronFX」の運営元と同じ「Salvax Limited
④通常のFX業者であれば取得している金融ライセンスを取得していない
出金拒否の噂が多数
⑥過去の大規模詐欺「サタンプロジェクト」と一連の流れが酷似している

驚愕しました、想像以上のブラック具合に。

注文から半年以内に出金する場合、出金手数料が30%必要

まずこれですが、既に前代未聞です。100万円FXSuitの口座に入金して、半年以内に引出したくなった場合、30万円取られるのです。

こんなルールを設定している業者、見たことも聞いたこともありません。

FXSuitの宣伝者曰く「3すくみで3ヶ月利益を出せば、何の問題もない」とのことです。

確かにそうですが、全てが「3すくみトレードをさせるための仕組み」にしか見えないほど怪しい。

つまり、業者と宣伝者ぐるみ(あるいはすべて業者なのか)で「3すくみトレード」をさせようとしているのではないか。というのが僕の推論です。そのあとにどんな結末が待っているのか、分かりませんが。。。

「Forex Peace Army」で詐欺業者認定されている

海外FX業者を選定する際、参考になるのは「Forex Peace Army」という海外FX専門の口コミサイトです。Yahoo知恵袋でも、Google検索でもありません。最大星5つで各業者を評価し、詐欺業者にはしっかりと目印をつけてくれてます。

最大手のXMやTradeviewは非常に評価が高いですね。

FPA_TradeviewFPA_XM

ではFXSuitはどうでしょうか。

FPA_FXSuit

FXSuitの星はゼロ。
そして「SCAM」とは「詐欺業者」という意味です。

つまり、FXSUITは海外FX業者専門の口コミサイトからも立派に「詐欺業者」のお墨付きを得ているのです。

FXSUITの運営親会社は詐欺で有名な「Salvax Limited」

IronFX、知ってますか?

かつて日本人口座の停止を一方的に告げ、「事前告知なしに日本人トレーダー全ての損失を確定させた」歴史的な前科のある業者です。もちろん「Forex Peace Army」では詐欺業者認定されています。

FPA_IronFX

このIronFXの運営元会社は「Salvax Limited」といいます。

そして、なんとFXSuitの運営元はこの「Salvax Limited」です

FXSUITの公式サイトにちゃんと「Salvax Limited」の記載があります。

 FXSuit運営元会社

つまりFXSuitは、かつて大規模な詐欺まがいの事件を起こしたFX業者と全く同じ運営元によって管理されているのです。

そろそろ、化けの皮が剥がれてきましたかね?

この時点で、既に僕は100%信頼できなくなりました。

FXSuitは金融ライセンスを取得していない

通常、FX業者は「金融ライセンス」というものを取得して会社としての営業を「第3者によって保証」しています。

金融ライセンスのもとで運営されている業者は「信託保全(会社が倒産したときにトレーダーに資金を返還する制度)」「資産の分別管理(会社の資産とトレーダーの口座資産を別の銀行で保管する制度)」が義務付けられているので、トレーダーは安心してトレードができます。

しかし、FXSuitは一切の金融ライセンスを取得していません

つまりFXSuitがどれだけ「君たちの資金は安全だよ!」といっても、それはただの口約束に過ぎず、その約束を一方的に破棄したとしても、彼らを罰することはできません。

実際にIronFXも同様の体制でした。

いわば、顔も知らない他人が「君のお金増やしてあげるよ、絶対に返すから、僕にちょっと預けてみない?」と言っているようなもの。

こんな人に、あなたはお金渡しますか?

悪評が多数

TwitterでFXSuitと検索すると、ものの数分で出金拒否などの悪評がいくつも集められました。

ある意味、すごい。

サタンプロジェクトと一連の流れが酷似

サタンプロジェクトは2018年~2019年にかけて起こった、投資関連の大規模詐欺(立証はされていない)によって大量の被害者が出た事件です。

サタンプロジェクトの一連の流れは以下でした。

  1. 「IronFX」を使い、投資のプロを装ったSNSアカウントを複数運用
  2. 流行りの現金プレゼントツイートで、爆発的にフォロワー集客
  3. 月利15%のコピートレードの勧誘開始。条件としてIronFXへの口座開設と入金
  4. 数か月、うまく運用させる
  5. 突如の強制ロスカットにより、ほぼすべてのトレーダーの資金を狩る

FXSuitをすすめるアキラ氏、saekinomae氏、Nishino Shogo氏など、いかにもプロをよそったアカウントが乱立しています。そして宝くじのプレゼント企画でフォロワーを集客し、「プロの手法を無料で教える」という名目でFXSuitへの口座開設&入金を促しているところもそっくりそのままです。

偶然とは思えないほど一連の流れが一致していますね。

つまり、もしサタンプロジェクトと同様の流れであれば、現在は③と④の間のフェーズ

もしFXSuitで運用している人がいるのであれば、いつ強制ロスカットが来てもおかしくないことだけ肝に銘じておこう。

僕が投入した金額と今後の展望について

今回、僕が詐欺会社に投入している金額は50万円です。

先月の副業の売り上げの半分、ぶっこみました。が、良い機会なのでヨシです。

アフィリエイター様のご指摘通り、10%の利益が出るように3すくみトレードを構成しました。

3すくみトレード開始初日の利益

実施1日目の損益が下記です。

10月18日_加工後

-10,006円

では、1ヶ月後損益はどうなったのでしょうか。

3すくみトレード開始1ヶ月後の利益

結果、1ヶ月後の11月16日(金)、実は利益が大体5万円出ちゃってます。

11月16日_加工後

+38,407円

が、FXSuit側の狙いも少し見えてきたので、見解を話します。

フラッシュクラッシュ狙いではないか

まず、この3すくみを始めて半月ほど後の11月1日、収支がマイナスになりました。

おかしなことに気づきませんか?

なぜ、損失と利益を相殺するはずの3すくみで、損益が急にマイナスになったのでしょうか。

実は、この原因は「スプレッドの変動」です。
(これがサタンプロジェクトの際も利用されました。)

スプレッドの変動について、FX経験がないと、ここからの理解は難しいです。

なので結論だけ覚えてください。

“フラッシュクラッシュ”のような為替の急激な変動が起こると、スプレッドが広がり強制的にトレードが終了させられる可能性があります。

そして、”フラッシュクラッシュ”を含めた相場の急変動は、経験上半年に一度以上の頻度で起こります。

つまり、「半年は出金しないほうがいい」というルールを敷くことで、その半年の間に起こるフラッシュクラッシュで一気にトレーダーを狩る。彼らの狙いは、こうして、フラッシュクラッシュを利用し多くの3すくみトレーダーを狩ることではないか、と思っています。

また、下記の動画が実際にフラッシュクラッシュにより狩られた一例です。ちなみに会社は国内FXの「ヒロセ通商」です。
https://www.youtube.com/watch?v=cgyicw-jNYU

動画ではスプレッドが200pips開いてますが、これでも超ド級のありえない開き方です。

でも、スプレッドの開きは業者側に一任されるので、FXSuitが狙ってやることもできます。

イコール危険です。


あとがき

最後に、僕は決して、絶対にFXSUITの宣伝はしません。口座開設のアフィリエイトリンクも、公式サイトへのリンクも一切設置しません。

なぜなら、僕がFXSuitを安全な業者だと確信し切れていないからです。

FXSuitの3すくみトレードを始めようと思っている方は、本記事を見て、よく考えてから自己責任で始めてください。

それでも大きく稼げる海外FXがしたい!という方は以下の記事を参考にしてみてください!

関連記事

あなた・海外FXに興味があるけど、「危ない」って噂もあるし、国内FXの方が安全でしょ?・海外FXを始めたいけど、漠然とした不安があるから、具体的に手順を教えてほしい!このような疑問を全て、まるっと解決します。スポンサー[…]

サムネ_海外FX_始め方

ないとは思いますが、万が一、僕がこの50万円を80万円にして半年後に出金でき、かつ上記の事実に対する納得できる答えが出た場合は、謝罪することを最後に誓います。

あ、ちなみに毎日取引結果をスクショとっているので、もし「1ヶ月分スクショが見たい!」なんて人がいたら、TwitterのDMでお声がけください。

では2ヶ月目の経過報告でまたお会いしましょう。

サムネ_FXSuit収益報告_1か月目
最新情報をチェックしよう!